スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サーカスの象の話】

僕が尊敬しているてっぺんの大嶋さんの夢エールからです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話は、何年か前にかなり衝撃を受けた話です。

人生が変わるきっかけとなる話です。


サーカスの象は、足に“くさり”をつないで杭を軽く地面に打ち込むだけで、

その場から動かなくなる。


象の力なら、簡単に杭を外すこともできるし、逃げだすこともできるのに、動かない。


なぜか。


それは、象が大きくなる前の子どもの頃に、教え込ませるから。


“くさりをつながれると、動けない。”

ということを。


子どもの象は、最初は足にくさりをつなぎがれていても、何度もくさりを外そうとする。


何度も何度も杭を外そうとする。


でも、外れない。

動けない。


そのうち、子どもの象は、杭を外そうとしなくなる。


あきらめてしまう。

“やっても無理だ”

と思い込んでしまう。


この思い込みを、“固定観念”とも言うし、“心理的限界”ともいう。


こうして子どもの頃に固定観念を植えつけられた象は、

大きくなっても杭を外そうとしない。


簡単に杭を外すことができるのに、外そうとしない。


人間も全く同じ特性がある。


当時の僕は、サーカスの象の状態でした。


どうせやっても無理だ。

と、やる前からあきらめていました。


過去の失敗の経験が、固定観念となり、心のブレーキになっていました。

12年前までは、自分の可能性を信じることができませんでした。


そんな自分の人生を180度変えるきっかけをくれたのは、“日創研”の研修でした。

松原講師との出逢いでした。


3日間の研修の中で、

“自分には無理だ”という、

僕の固定観念を壊してくれました。

凍りついていた心を、溶かしてくれました。


可能性のない人なんていない。


輝けない人なんていない。


12年前、僕は、生まれ変わりました。


出逢いによって、人生が変わりました。


松原講師のように、可能性を引き出せる男になりたい。


松原講師を超える男になる。(松原さん、生意気ですみません。)


一生学び続ける決意をしました。


一人でもたくさんの人が輝けるように。

一人でもたくさんの人が、自信を取り戻し、輝けるように。


僕は、一生学び続けていきます。


『出逢いで人生が変わる。

たった一つの出逢いで、人生が大きく変わる。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕は沖縄で大嶋さんと出逢って人生が変わりました。
そして自分の可能性を信じることが出来ました。

夢は必ず叶うと信じて挑戦し続けます!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆めきゃん☆

Author:☆めきゃん☆
このブログでは夢は必ずかなうということを発信していきます。
あなたのお力になれたら嬉しいです。

マイクロアド
トレンドマッチ
忍者アド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。